2017年のユネスコ世界記憶遺産登録を目指して
「知覧に残された戦争の記憶」1945年沖縄戦に関する特攻関係資料群

image1 image2
 
 南九州市は,戦争の悲惨さ,残虐さ,愚かさを伝える本資料群の2017年ユネスコ記憶遺産登録を目指してきました。
 今回,国内候補2件のうちには選考されませんでしたが,今後も引き続き,世界恒久平和を発信していく活動に取り組んで参ります。今までのご理解・ご協力に深く感謝すると共に,今後も変わらぬご支援をお願いいたします。


申請の概要
◆タイトル
 知覧に残された戦争の記憶 ―1945年沖縄戦に関する特攻関係資料群―

◆申請者
 鹿児島県南九州市

◆物件について
 申請物件は,南九州市が所有する427点の特攻関係資料です。
※内訳
 ①1945年3月から7月に行われた沖縄戦出撃前に特攻隊員が作成した資料 412点
 ②同時期に特攻隊員と交流のあった人物が作成した資料 15点
※今回の申請では,国家のすべてが動員された総力戦の様相を伝えることに力点を置いているため,特攻隊員が作成した資料の他に,特攻隊員と交流のあった人物によって作成された記録を加えています。
 例:特攻隊員の日常の世話を行っていた学生の日記
   特攻隊員と交流のあった子どもが,特攻隊員の遺族に宛てて書いた手紙
   女性が特攻隊員に贈ったマスコット人形に書かれたメッセージ

◆申請書の概要
 「知覧に残された戦争の記憶」は,沖縄戦に従事した特攻隊員の記録と地域住民の記録から構成されます。そこには,特攻隊員と地域住民の情況や心境,当時の情勢等総力戦の様相が反映されています。これは,危急存亡の瀬戸際に立たされた国の特異な時代背景を象徴するものであり,国際的にも希少な歴史資料です。


申請までの経緯・今後の取組
2012年6月 南九州市議会全員協議会 申請に向けた方針について承認を得る
2012年6月~2013年7月 南九州市世界記憶遺産登録準備会開催
2014年2月 ユネスコ本部へ2015年世界記憶遺産申請書を提出
2014年6月 ユネスコ本部からの差戻しによる国内選考で落選
2015年1月~5月 南九州市世界記憶遺産推進会議開催
2015年6月 ユネスコ国内委員会に世界記憶遺産申請書を提出
2015年9月 ユネスコ国内委員会が国内候補2件を決定


署名活動実績
 南九州市は,ユネスコ記憶遺産登録実現のため,取組の趣旨にご賛同くださる方々へ応援の署名をお願いして参りました。その結果,2015年9月24日までに,日本を含む47か国の方々から114,312名のご署名をいただきました。ご協力ありがとうございました。


【以下英訳】
““Chiran: Repository of War Memories”; Collection of Documents Related to the 1945 Battle of Okinawa Kamikaze (Tokkō) Campaign”

About This Application for Inclusion in UNESCO’s “Memory of the World” Registry

Our application project for the inclusion of our collection of kamikaze-(hereafter tokkō-)related documents in UNESCO’s “Memory of the World” registry is not being undertaken to in any way glorify, romanticize, or rationalize the historical legacy of tokkō.
Rather, we make this application to the UNESCO’s Programme as a living testament to the tragedy, brutality, and folly of war in the hopes that humanity will never again experience such horrors.

1. Application Overview
1.1 Title
““Chiran: Repository of War Memories”; Collection of Documents Related to the 1945 Battle of Okinawa Kamikaze (Tokkō) Campaign”

1.2 Applicant
Minamikyushu City, Kagoshima Prefecture

1.3 Documents Being Submitted
The submitted items are comprised of a total of 427 items ownned by the City of Minamikyushu.

* Detail of 427 Items
1) The 412 of 427 items are personal records of the tokkō pilots who engaged in the Battle of Okinawa between March and July of 1945.
2) The 15 of 427 items are personal records of exchanges with the pilots written by local residents during the same period.

1.4 Criteria for Document Inclusion in Collection to be Submitted
a.The document has been confirmed as: authentic and as having been written from between March and July 1945 in the context of tokkō operations during the Battle of Okinawa; and the identity of its author can be confirmed and identified by name as someone who was either a tokkō pilot or an individual acquainted with (a) tokkō pilot(s).
b.The document has been confirmed as having been written either shortly before or after a specific tokkō sortie.
c.The identity of the original donor and source of the document collected by Minamikyushu City (formerly the town of Chiran) has been confirmed and recorded, and the document is presently in the custodianship of Minamikyushu City.
d.The final number of documents to be included in the collection for submission is currently still under consideration. It is anticipated that the inclusion in this submission of related documents written by authors other than actual tokkō pilots will mean the number of items will surpass the 333 items that were included for submission in last year’s application proposal.

1.5 Overview of the Application Package
“Chiran: Repository of War Memories” comprises records of the tokkō pilots who engaged in the Battle of Okinawa, along with materials from local residents. These records reflect the circumstances and sentiments of the pilots and the residents, highlighting the human cost of total war. These documents symbolize the unique historical background of a nation standing on the brink of life and death, and thus represent a rare historical asset internationally.

2. Project Evolution
June 2012 – Application project approved by Minamikyushu City municipal assembly
June 2012-July 2013 – Minamikyushu City “Memory of the World” Project Preparation
Committee begins work
February 2014 – Application submitted to UNESCO for 2015 inclusion in “Memory of the
World” registry
June 2014 – Application remanded by UNESCO Headquarters to MEXT committee for
screening domestic “Memory of the World” applications, where it is turned down
January-May 2015 – Meetings held by Minamikyushu City “Memory of the World” Promotion
Committee
June 2015 – “Memory of the World” application package will be submitted to MEXT
committee for screening domestic “Memory of the World” applications
September 2015 – MEXT committee will announce its decisions regarding “Memory of the
World” applications


【添付書類】


「PDF」ファイルを閲覧・印刷できるAdobe製ソフトAdobe Readerをダウンロードできます。
【関連する項目】


お問い合わせは、世界記憶遺産推進室世界記憶遺産推進係

〒897-0392 鹿児島県南九州市知覧町郡17881番地
 TEL.0993-83-2511 FAX.0993-83-4859


2015年09月29日更新

 
 ■ このページの情報へのアンケート(ただいまのポイントは,44 ポイント 評価件数 18 )
1. このページの情報は役にたちましたか?

役にたった(2ポイント)  普通(1ポイント)  役にたたなかった
2. このページの情報はすぐに見つけることができましたか?

すぐ見つけることができた(2ポイント)  普通(1ポイント)  見つけにくかった
 ※個人情報は送信されません。
 この記事へのアクセス件数は,6,694 件です。

【鹿児島県南九州市】
〒897-0392 鹿児島県南九州市知覧町郡6204番地
Tel.0993-83-2511 Fax.0993-83-4658

【頴娃支所】
〒891-0792 鹿児島県南九州市頴娃町牧之内2830番地
Tel.0993-36-1111 Fax.0993-36-3136
【知覧支所】
〒897-0392 鹿児島県南九州市知覧町郡6204番地
Tel.0993-83-2511 Fax.0993-83-4658
【川辺支所】
〒897-0215 鹿児島県南九州市川辺町平山3234番地
Tel.0993-56-1111 Fax.0993-56-5611

Copyright(C)Minamikyushu City Office 2007-2016 All rights reserved.