南九州市教育大綱(案)のパブリックコメント実施結果
南九州市教育大綱(案)についてのパブリックコメントの実施結果は,下記のとおりです。

【対象事項】
 南九州市教育大綱(案)

【対象期間】
 平成27年9月18日~平成27年10月19日

【意見提出者】
 2人

【意見件数】
 8件

【意見内容及び市の考え】
 次のとおり





番号意見内容意見に対する市の考え市の対応
1南九州市への愛着心を育む教育が重要である。その上で,コンピュータ化の進展もあり,都会に出てもやっていけるだけでなく,人をリードできるぐらいの教育を学校教育で取り入れるべきではないか? ICT(Information and Communication Technology の略。情報通信技術)教育の導入を。市の総合計画や教育振興計画を踏まえ,各小・中学校では,地域の特色や人材を生かした郷土教育の充実を進め,郷土を愛し郷土に貢献しようとする心情を育む教育の推進に努めています。
また,各小・中学校に校内LANシステム,電子黒板や大型テレビ,書画カメラ等を配備し,教科学習や総合的な学習の時間などに積極的にICT機器の活用を図り,時代に対応した豊かな表現力と問題解決能力の育成に努めています。
今後は,タブレット端末の積極的な導入を進める等,ICT教育の一層の充実に努めていきたいと考えています。
原案どおり
2小・中・高校生を対象に,鹿児島大学などの大学生や,市民で学校教育出身者などをグループ化し,講師にして公的な学習塾を開いてはどうか?人材活用につきましては,中央公民館において「ふるさとの知恵ぶくろ」を作成し,多くの方に登録していただき,公民館講座や青少年育成活動の講師として活躍していただいています。今後も,地域の人材を中心に登録の見直しを行うとともに,生涯学習社会における「学びの循環」を推進していきます。

鹿児島大学教育学部の学生や大学院生による小・中学校での学習支援について,大学と連携した取組を構想化しているところです。なお,現在のところ,公的な学習塾を開くことは考えておりません。
原案どおり
3男女共同参画が云われて久しい中,しかも女性の活躍が叫ばれている中,市役所が掲出している子育てサロンの啓発ポスターは考えられない(現実はそうであっても,市役所が掲出する啓発ポスターは・・・)御意見として承ります。今後も啓発ポスター等については,固定的な性別役割分担意識を助長するものでないか,無意識に強調するものでないか等に配慮するよう取り組んでまいります。原案どおり
4毎年,文化祭が各町の文化会館で開催されているが,各町の団体の交流会(例えば,踊りで3町が一斉に集うとか)はないのか?文化祭につきましては,ご指摘の通り各支部で開催しています。一か所に集っての文化祭は実施はしていませんが,展示の部,舞台発表の部ともに,各支部の代表が,他の支部の文化祭に参加し,発表しています。今後も,文化の振興,交流の促進という意味からも,団体の交流を進めていきます。また,3支部の団体が共催で事業を行ったり,交流は進められています。原案どおり
5図書館で,放送大学と連携しての授業が受けられたらいい。授業のDVDでも見られたらと思う(放送大学の受講者は南薩地区で100人余りいる)生涯学習社会では,自己の向上のために,それぞれにあった学びの機会が必要です。その意味で,放送大学はより多くの方に学ぶ機会を提供できるようインターネットでの授業を配信しています。インターネットの環境があればいつでもどこでも学習できます。図書館のインターネット等を利用した放送大学受講の提案ですが,図書館のインターネットは広く市民の皆様の利用を考えた提供を行っており,放送大学のような個人の資格,単位取得等の限定した取り組みや利用についてはなじまないものと考えております。
なお,インターネット等の利用法や環境等については,今後も御意見をいただきながら検討していきます。
原案どおり
6高等学校の特色ある教育などの取組を支援とか活性化支援とか(大綱Ⅷ)記載されているが,具体的には何か。学校から何かあがってきているのか。それとも学校との今後の話し合いか。平成25年5月に,市進路指導連携協議会を設置し,企画課とも連携しながら,生徒募集・学校PR活動に係る支援,ボランティア活動・地域貢献活動に対する支援,通学に対する支援,部活動など諸教育活動に対する支援などを実施しています。

現在,市内の3高等学校の活性化協議会が行う生徒の確保,進路指導及び学校の特性を生かした取り組み等の活動を支援するため運営補助を行い,学校の活性化と存続に努めています。
原案どおり
7パブリックコメント後,(教育大綱が)決まれば,「教育大綱」をHPに掲載しよう。(意見募集後の結果ではなく)地方教育行政の組織及び運営に関する法律第1条の3第3項により,市長は大綱を定めたときは,遅滞なく,これを公表しなければならないとされており,大綱が決定になりましたら市HP等に公表します。原案どおり
8国際交流協会に入会して活動しているが,事務局として活動している企画課以外は市との連携不足をずっと感じている。もっと市も国際交流活動に参加して欲しいと思う。(最低でも合併前の川辺町が行っていたレベルまで)
出来れば早急に市側と国際交流協会との話し合いの場を設けてほしい。
交流事業につきましては,佐賀県小城市,青森県平川市,福岡県北九州市等と,「友好姉妹都市提携協定」,「友好親善交流盟約」,「南九州市・北九州市交流協定」を結び,青少年交流や,イベント等への相互参加など多くの交流を実施しています。
国際交流では,「鹿児島県国際協力体験事業」に共催市として参加し,毎年2人の中・高校生を東南アジアを中心に派遣しています。帰国後に,派遣の成果を周りの生徒に還元できるよう,支援していきたいと考えています。
なお,公民館講座においては,英会話教室,韓国語講座など,国際感覚にふれる機会もあり,多くの市民の皆さんが学んでいます。

南九州市国際交流協会設立時に協会の活動については民間主導で一部行政の支援(事務局)を受けて活動を行っていくことが協議されていますので,今後も民間団体が主体となった国際交流を支援し,会員の確保に努めます。
原案どおり

【関連する項目】


お問い合わせは、総務課行政係

〒897-0392 鹿児島県南九州市知覧町郡6204番地
 TEL.0993-83-2511 FAX.0993-83-4658


2015年12月01日更新

 
 ■ このページの情報へのアンケート(ただいまのポイントは,0 ポイント 評価件数 1 )
1. このページの情報は役にたちましたか?

役にたった(2ポイント)  普通(1ポイント)  役にたたなかった
2. このページの情報はすぐに見つけることができましたか?

すぐ見つけることができた(2ポイント)  普通(1ポイント)  見つけにくかった
 ※個人情報は送信されません。
 この記事へのアクセス件数は,288 件です。

【鹿児島県南九州市】
〒897-0392 鹿児島県南九州市知覧町郡6204番地
Tel.0993-83-2511 Fax.0993-83-4658

【頴娃支所】
〒891-0792 鹿児島県南九州市頴娃町牧之内2830番地
Tel.0993-36-1111 Fax.0993-36-3136
【知覧支所】
〒897-0392 鹿児島県南九州市知覧町郡6204番地
Tel.0993-83-2511 Fax.0993-83-4658
【川辺支所】
〒897-0215 鹿児島県南九州市川辺町平山3234番地
Tel.0993-56-1111 Fax.0993-56-5611

Copyright(C)Minamikyushu City Office 2007-2017 All rights reserved.