• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > まちの話題 > 伝統工芸を楽しく学ぶ(川辺小学校で蒔絵・木地の体験教室)

更新日:2019年1月24日

  • よくある問合せ
  • 子育て
  • 観光
  • 移住定住
  • ふるさと納税

ここから本文です。

伝統工芸を楽しく学ぶ(川辺小学校で蒔絵・木地の体験教室)

1月23日、川辺小学校の4年生の児童たちが、鹿児島県川辺仏壇協同組合青年部の皆さんを講師に招き、川辺仏壇の製造技術でもある「蒔絵(まきえ)」と「木地(きじ)」を体験しました。金魚や花などの下絵が書かれた板に、児童たちは細い筆に苦戦しながらも思い思いの色を塗り、金やさまざまな色の粉を振り付けて仕上げていました。また、木の額縁も自分たちで組み上げ、組合青年部の皆さんに継ぎ目などをきれいに仕上げてもらい、世界で自分だけの蒔絵プレートを飾り付けました。児童たちは、「筆や粉振りで色を付けるのは難しかったけど、面白かった。また、やってみたい」と話し、伝統的工芸品である川辺仏壇の技術を楽しく学んだようです。

講師の説明を熱心に聞く児童たち 講師の説明を熱心に聞く児童たち。

細い筆に苦戦しながらも丁寧に色付け。 細い筆に苦戦しながらも丁寧に色付け。

蒔絵を飾る額縁も自分たちで組み上げました。 蒔絵を飾る額縁も自分たちで組み上げ。

講師の仕上げ作業を見守る児童たち。 講師の仕上げ作業を見守る児童たち。

出来上がった蒔絵プレート。 出来上がった蒔絵プレート。

お問い合わせ

担当部署:企画課広報統計係

電話番号:0993-83-2511

FAX番号:0993-83-4469

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る