• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化振興 > 文化財 > 川辺地域 > 【県指定史跡】清水磨崖仏群

更新日:2017年12月1日

ここから本文です。

【県指定史跡】清水磨崖仏群

image1(JPG:496KB)

万之瀬川上流,清水川右岸の高さ約20m,長さ約400mの屏風のように切り立った溶結凝灰岩(入戸火砕流)の岸壁に,五輪塔や宝篋印塔,梵字,仏像など200基が彫刻されています。彫刻されたのは,大きく分けて下の5つの時期です。

  • 平安時代後期(大五輪塔および方眼内墨書梵字)
  • 鎌倉時代中期(月輪大梵字,「バン」字板形塔婆)
  • 鎌倉時代後期(三大宝篋印塔,線刻宝篋印塔群,線刻五輪塔群,線刻板碑群)
  • 室町時代の頃(陽刻五輪塔群)
  • 明治時代(陽刻宝篋印塔,陽刻阿弥陀如来増,陽刻十一観音像)

これらの中でも,平安時代後期推定の「大五輪搭」は,高さが約12メートルもあり,日本一大きなものです。また,鎌倉時代中期の「月輪大梵字」は,大きさだけでなく,字の美しさでも日本を代表するといわれています。

image2(JPG:124KB)

image3(JPG:138KB)

image4(JPG:157KB)

お問い合わせ

担当部署:文化財課管理係

電話番号:0993-83-4433

FAX番号:0993-83-3055

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る