• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化振興 > 文化財 > 知覧地域 > 【国指定史跡】知覧城跡

更新日:2017年12月5日

ここから本文です。

【国指定史跡】知覧城跡

image1(JPG:172KB)

知覧城は武家屋敷群から南へ約1km,シラス台地の崖を最大限に利用し,その規模・まとまり・残りの良さで南九州を代表する山城です。

麓の武家屋敷の母体ともなっており,平成5年に約24ha(全体約41ha)が国指定となりました。
築城年代は不明ですが,記録によれば文和2年(1353)足利尊氏によって島津忠宗の三男,佐多忠光に知覧の領地が与えられています。以後佐多氏の居城として知られています。

城の構造は,本丸・蔵之城などを中心とした曲輪群(平坦地)とそれを取巻く東ノ栫・式部殿城など周辺の曲輪群から形成されています。城と城の間には深い空堀がめぐり,それぞれが独立しているのが特徴です。

城内にはL字状に曲った枡型虎口(出入り口)や土塁,やぐら台,横矢など防御施設が築かれています。

※写真の観音像は平成16年度に蔵之城の虎口付近から発掘されたものです。

image2(JPG:465KB)

image3(JPG:86KB)

image4(JPG:17KB)

お問い合わせ

担当部署:文化財課文化財係

電話番号:0993-83-4433

FAX番号:0993-83-3055

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る