• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化振興 > 文化財 > 知覧地域 > 【史跡】金山水車(轟製錬所)跡

更新日:2017年12月1日

ここから本文です。

【史跡】金山水車(轟製錬所)跡

image1(JPG:57KB)

image2(JPG:102KB)

明治の終わりから昭和の初めにかけて操業していた宮内鉱山轟製錬所跡です。南西に直線距離で約8キロメートルのところにある赤石鉱山(現在も操業)などから,荷馬車で運ばれた金・銀鉱石を水車の力を使って細かく砕いて,金や銀を取り出す製錬を行っていました。

平成26年度に鹿児島県立埋蔵文化財センターが行った発掘調査により,川から引いた石積の導水路や石垣,阿多溶結凝灰岩をくりぬいて造られた水車坑,天然の甌穴(ポットホール)を利用した排水施設など製錬所に関連する遺構が見つかりました。これらは保存状態もよく,当時の様子を伝える貴重な産業遺産であると評価され,現地に保存されることになりました。現在は遺構の保護のため,土のうを使って埋め戻しています。

南九州では,江戸時代から製鉄や骨粉製造等に水車を利用しており,現在も毎年7月に豊玉姫神社などで行われる「水車からくり」(国選択無形民俗文化財)にその技術が伝わっています。

 

お問い合わせ

担当部署:文化財課文化財係

電話番号:0993-83-4433

FAX番号:0993-83-3055

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る