• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化振興 > 文化財 > 伝統的建造物群保存地区 > 伝統的建造物群保存地区内における開発行為について

更新日:2017年12月1日

ここから本文です。

伝統的建造物群保存地区内における開発行為について

知覧町上郡地区の知覧麓武家屋敷群は,重要伝統的建造物群保存地区(以下,保存地区)に選定されています。保存地区内で現状変更行為等を行う場合には,南九州市伝統的建造物群保存地区保存条例第4条に基づく手続きが必要です。

現状変更等の行為を行う場合には,事前に南九州市教育委員会文化財課文化財係に御相談ください。

手続き内容

現状変更許可申請書の提出

保存地区内で現状変更を行う場合には,市長及び教育委員会宛ての「現状変更許可申請書」を提出していただく必要があります。

必要な書類

  • 現状変更行為許可申請書…別紙様式
  • 現状変更行為申請書補助用紙…別紙様式
  • 設計仕様書及び設計図
  • その他参考となる資料(現況がわかる写真等)

申請書に対する回答

市長及び教育委員会から,申請に対して回答いたします。
許可がなければ,現状変更をすることができませんので御注意ください。

現状変更行為完了届の提出

現状変更行為が完了した場合には,市長及び教育委員会宛ての「現状変更行為完了届」を提出ください。

必要な書類

  • 現状変更行為完了届…別紙様式
  • その他参考となる資料(完了後の写真等)

添付書類

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

担当部署:文化財課文化財係

電話番号:0993-83-4433

FAX番号:0993-83-3055

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る