• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化振興 > 文化財 > 埋蔵文化財 > 埋蔵文化財包蔵地内の土木工事等について

更新日:2021年5月1日

ここから本文です。

埋蔵文化財包蔵地内の土木工事等について

埋蔵文化財とは,土地に埋蔵されている文化財(主に遺跡といわれている場所)のことです。埋蔵文化財の存在が知られている土地のことを「周知の埋蔵文化財包蔵地」といいます。

文化財保護法では,「周知の埋蔵文化財包蔵地」において土木工事などの開発事業を行う場合には,都道府県の教育委員会に事前に届出を行うよう定めています(文化財保護法93条・94条)。したがって,南九州市内で開発申請等の工事の計画を立てられる際には,事前にご連絡ください。

開発予定地が埋蔵文化財包蔵地であるかを確認するには

  1. 南九州市教育委員会文化財課文化財係(0993-83-4433)へお問い合わせください。
  2. 鹿児島県立埋蔵文化財センターの「埋蔵文化財情報データベース(外部サイトへリンク)」で確認することもできます。

開発予定地が埋蔵文化財包蔵地である場合には,下記様式にて届け出てください。

  1. 民間開発による場合…60日前までに届出(法93条様式(ワード:48KB)
  2. 公共事業による場合…あらかじめ通知(法94条様式(ワード:49KB)

詳しい手続きの流れについては,こちら(PDF:918KB)をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

担当部署:文化財課文化財係

電話番号:0993-83-4433

FAX番号:0993-83-3055

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る