• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 寄附 > ふるさと納税 > 平成30年度 南九州市ふるさと納税の使い道

更新日:2019年5月23日

ここから本文です。

平成30年度 南九州市ふるさと納税の使い道

1.平和に関する事業

(1)知覧特攻平和会館展示充実事業費 7,035,128円

戦争体験のない世代へ来館者の世代が移っていく中で,資料展示方法の改善や映像等による分かりやすいコンテンツづくりを行うため,展示室のリニューアルを実施しました。

戦史資料室1 戦史資料室2

2.福祉の向上に関する事業

(1)子ども医療費助成事業費 30,000千円

中学校卒業までの子どもの疾病の早期発見,早期治療を促進し,健康の保持増進,医療費の自己負担額の軽減により,子育て世代の支援を行いました。

子ども事業

3.地域の活性化に関する事業

(1)住んでみよう応援事業費 315,514円

移住定住の促進及び交流人口の拡大を図るため,出会いサポーター倶楽部を通じ,結婚を希望する独身男女に出会いの場や情報の提供を行いました。また,婚活イベント等を実施する団体に対し,事業に係る経費の助成を行いました。

(2)移住定住促進対策事業(住んでみよう応援事業費) 6,560千円

移住定住の促進や,自治会の活性化を図るため,住宅の取得等に対する助成を行いました。

(3)移住定住促進対策事業(移住定住促進対策事業費) 613,340円

移住を希望する方々を対象とした都市部におけるイベントに参加し,南九州市のPRに努めました。また,若者の家賃助成や空き家対策を行い,市内への移住定住を促進しました。

移住セミナー

(4)移住・交流お試し居住事業費 295,362円

知覧武家屋敷庭園群の西郷邸を活用し,南九州市への移住を希望する方へ,短期間の移住体験ができる「お試し居住」に取り組みました。

西郷邸外.西郷邸内

(5)地域ブランディング事業費 6,729,147円

南九州市の自然,特産品,観光資源など様々な魅力を発信するため,ロゴマークやキャッチコピー入りのポスター,のぼりなどのツールを作成したほか,市のプロモーション動画を製作しました。

ブランディングツール制作  PV2

(6)茶消費拡大特別対策事業費 3,500千円

平成29年4月から銘柄統一した「知覧茶」のブランド化の推進と消費低迷するお茶の消費拡大を図るため,消費地における付加価値を高めたお茶の宣伝販売活動や観光分野と連携したお茶文化の発信等の取組みを実施しました。また,旅館,飲食店の上級茶(リーフ)購入の支援による喫茶機会の拡大と併せ,「知覧茶」をPRするため,一煎パックの配布を行うなど,上級茶の消費拡大に努めました。

知覧茶PR1 知覧茶PR2

(7)川辺仏壇販路対策事業補助金 1,000千円

「川辺仏壇」は伝統的な技法が評価され,全国の仏壇産地に先駆けて,昭和50年5月に国の伝統的工芸品の産地指定を受けています。

近年は生活様式の変化や海外産の仏壇の輸入などで出荷額が減少傾向にあることから,京都で「全国仏壇仏具展」を共同開催し,販路拡大のための商談など活動を行いました。

川辺仏壇

(8)訪日外国人受入対策事業費 1,267,374円

鹿児島県南部広域観光物流実行委員会(南九州市ほか3市,1町)により,訪日外国人の誘客を推進するため,SNSを活用したPR事業や香港で開催されたイベント「日本秋遊文化祭」に出展し,プロモーション活動等を行いました。

南部広域in香港

4.教育の推進及び文化の保全に関する事業

(1)給食センター管理運営費(食器更新) 4,568,400円

子どもたちの健全な発育を願い,安全・安心で温かく,美味しい給食を提供するため,給食用の食器を更新しました。

5.その他の事業

(1)自治コミュニティ活動奨励金 5,700千円

南九州市の各自治会による自治コミュニティ活動を活性化し,将来にわたり明るい地域社会を築くため,自治会の活動に対し奨励金を交付しました。

各自治会では,伝統行事,スポーツ大会,敬老会,地域環境の美化のための共同作業等を通じ,住民の交流や環境保全等に役立てています。

(2)かわなべ青の俳句大会費 3,626,282円

南九州市川辺町生まれの俳人福永耕二の業績をしのび,これからの時代を担う少年少女が俳句づくりを通じて,故郷の四季折々の美しい風情を愛し,日本語のもつ美しさやリズムに対する理解を深めていただくため,第20回「南九州市かわなべ青の俳句大会」を開催しました。

今回は,県内外から72,059人,132,156点の心のこもった作品応募がありました。

青の俳句

(3)伝統的建造物群保存対策事業費 1,465,515円

知覧武家屋敷庭園群のある知覧町郡の麓地区一帯は薩摩の小京都と称される景観と町並みで知られ,昭和50年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

歴史ある家屋や石垣などの保存のため,平成30年度は3件(腕木門修景,小屋修景,石垣修理)の整備を行いました。

武家屋敷

(4)清水ツーリズムの里管理費 3,855千円

県内外から多くの利用者が訪れる岩屋公園のキャンプ施設にあるロッジを快適に使用していただくため,施設の改修を行いました。

岩屋キャンプロッジ

 

お問い合わせ

担当部署:ふるさと振興室ふるさと振興係

電話番号:0993-83-2511

FAX番号:0993-83-4469

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る