• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 子育て・健康・福祉 > 健康 > 予防接種 > 【新型コロナウイルスワクチン】予防接種健康被害救済制度

更新日:2021年10月8日

ここから本文です。

【新型コロナウイルスワクチン】予防接種健康被害救済制度

健康被害救済制度とは

予防接種の副反応による健康被害は、極めて稀ですが、不可避的に生ずるものですので、接種に係る過失の有無にかかわらず、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を迅速に救済するものです。

予防接種法に基づく予防接種を受けた方に健康被害が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、市町村により給付が行われます。申請に必要となる手続き等については、予防接種を受けられた市町村にご相談ください。(厚生労働大臣の認定にあたっては、第三者により構成される疾病・障害認定審査会により、因果関係に係る審査が行われます。)

申請から認定・支給までの流れ

申請は否認・不支給となることがあります。

申請者の方への決定通知まで1年程度かかることがあります。

chart

 

提出書類

以下の書類を知覧保健センター(健康増進課 保健予防係)に提出してください。

  1. 医療費・医療手当請求書(PDF:128KB)(申請者記入)
  2. 受診証明書(PDF:88KB)(医療機関記入)※1
  3. 領収書等の医療費を自己負担した金額がわかるもの(写し)
  4. 新型コロナワクチン接種記録書(写し)
  5. 予診票(写し)
  6. 診療録 ※1
  7. 医療費・医療手当申請用症例概要(PDF:813KB)(様式5-1-1)(医療機関記入)※1 ※2
  8. その他必要に応じ、審査に係る資料(後日、追加提出をお願いすることがあります。)

※1 受診証明書、診療録、医療費・医療手当申請用症例概要については、治療を受けた医療機関に作成等をご依頼ください。

※2

①接種後4時間以内に発症したアナフィラキシー等の即時型アレルギー反応

②①の症状が接種日を含め7日以内に治癒・終診

①及び②の条件を満たす場合は、「7 症例概要」を提出することで、「6 診療録」の提出が不要となります。

給付の種類・給付額等

給付の種類・給付額等については厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

担当部署:健康増進課保健予防係

電話番号:0993-58-7221

FAX番号:0993-83-3550

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る