• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 交通事故等による治療(第三者行為)

更新日:2017年12月1日

ここから本文です。

交通事故等による治療(第三者行為)

第三者行為とは

交通事故など第三者による傷病にかかる治療費は,本来その加害者が全額負担するのが原則ですが,状況により国保の保険証を使って治療を受けることができます。この場合,加害者に代わり南九州市国保がいったん立て替え払いをしますが,国保担当窓口で届出を行うことで,後日加害者に立て替え分を請求します。示談などをすると,国民健康保険が使えなくなる場合もありますので,次のようなときには必ず届出をしてください。

こんなとき

届出に必要な書類

交通事故(自損事故含む)による傷病

届出に必要な書類は,状況に応じて異なります。
詳しくは国保担当窓口にお問い合わせください。

届出書のダウンロードはこちら

他人の飼っている犬や猫などに咬まれた傷病

不当な暴力や傷害行為による傷病

その他第三者の故意や過失による傷病

※飲酒運転や無免許運転など悪質な法令違反,故意の犯罪行為,けんかや泥酔によるけがなどは国保の給付が制限されます。

※勤務中や通勤途上での第三者行為は,職場の労災保険が適用されますので,職場の担当者にご相談ください。

お問い合わせ

担当部署:健康増進課保険係

電話番号:0993-56-1111

FAX番号:0993-56-5611

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る