• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 住まい・空き家バンク > 住宅への補助 > 【令和3年4月から】 住宅取得・リフォームの補助制度が変わります

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

【令和3年4月から】住宅取得の補助制度が変わります

 住宅のイラスト南九州市では、定住化の促進や、自治会および市内の活性化を図るため、市内において住宅の取得などを行う方に対して補助金(移住定住促進対策補助金)の交付を行っております。

 しかしながら、市内の住宅のおよそ4件に1件が空き家となっている住宅事情や、進展する少子高齢化などに対応するため、令和3年4月から下記のとおり制度の内容を変更いたします。

 住宅の取得(新築・建売、中古住宅の購入)やリフォームを計画される際は、本制度のご活用をご検討ください。

主な変更内容(移住定住促進対策補助金)

変更内容

現行(令和3年3月まで)

改正後(令和3年4月から)

申請可能期間 工事請負契約日等から60日以内 所有権保存登記から1年以内
中古住宅取得に係る補助金額 200,000円 500,000円
居住地要件の区別の廃止 市内居住者の年齢要件(50歳未満) 廃止
子育て世帯に対する補助金額 なし 100,000円(新設)
土地取得に対する補助金額

・取得経費の1/5(市外居住者のみ)

・市の分譲団地を購入した場合(100万円)

市の分譲団地を購入した場合のみ

→ 土地売買契約代金の1割

補助対象事業の変更 「リフォーム」に係る補助 別途「住み替え住宅リフォーム補助金」を新設

 

移住定住促進対策補助金(新築・建売購入または中古住宅を取得する場合)

  • 改正後の補助制度については、「令和3年4月1日以降に,所有権保存登記等を完了した住宅を所有する方」が補助金の交付対象となります。
  • 補助金の額は、下記に記す金額または住宅取得経費の1割のいずれか低い額となります。

補助金額

新築または建売購入の場合

 

現行(令和3年3月まで)

改正後(令和3年4月から)

補助金額 

市内居住者

市外居住者

居住地の区別なし
基本額 200,000円 200,000円 200,000円
加算金
1

市内建築業者が施工する場合

200,000円  200,000円 200,000円
2 子育て世帯(※)の場合 なし なし 100,000円 
3 土地取得 
4 南九州市分譲団地 なし 1,000,000円 土地売買契約代金の1割
  その他 なし

土地取得経費の1/5

(500,000円上限)

なし

  中古住宅(※)を購入する場合

 

現行(令和3年3月まで)

改正後(令和3年4月から)

補助金額

市内居住者

市外居住者

居住地の区別なし
基本額 200,000円 200,000円 500,000円
加算金
1 子育て世帯(※)の場合 なし  なし 100,000円

住み替え住宅リフォーム補助金(リフォームを行う場合)

  • 市内建築業者が施工する200万円以上のリフォーム工事が、補助金の交付要件となります。
  • 補助金の額は、下記に記す金額またはリフォーム経費の1割のいずれか低い額となります。
  • 現在居住中の住宅は、補助対象となりません。 

申請可能期間

  •  工事請負契約日以降、リフォームの施工前まで(市外居住者に限り、転入後60日以内も申請可能)

補助金額

  

現行(令和3年3月まで) 

改正後(令和3年4月から)

補助金額 

市内居住者

市外居住者

居住地の区別なし
基本額  200,000円 200,000円 200,000円
加算金    

 1

市内建築業者が施工する場合 200,000円  200,000円 補助金の交付要件
 2 子育て世帯(※)の場合  なし

 なし

100,000円 
 3 土地取得  なし

土地取得経費の1/5

(200,000円上限)

なし
 ※用語解説

中古住宅:購入金額200万円以上(土地代除く)の住宅が対象

子育て世帯:義務教育を終了するまでの子どもと生計を一にする世帯

お問い合わせ

担当部署:ふるさと振興室移住定住係

電話番号:0993-83-2511

FAX番号:0993-83-4469

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る