• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

総合トップ > 幼児教育・保育の無償化

更新日:2020年9月17日

  • よくある問合せ
  • 子育て
  • 観光
  • 移住定住
  • ふるさと納税

ここから本文です。

幼児教育・保育の無償化

令和元年10月から幼児教育・保育の無償化が始まります

幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する3歳から5歳児クラスの子供たち、住民税非課税世帯の0歳から2歳児クラスまでの子供たちの利用料が無償になります。

(※無償化には上限額があります。また、副食費等含まれない費用があります。)

なお、利用する施設ごとに無償化の対象が次のとおり異なります。

幼稚園・認定こども園(幼稚園部)の利用者

  • 対象となる期間

満3歳の誕生日を迎えた、翌月から

  • 無償化の対象

〇保育料

〇預かり保育料(月額11,300円まで)(満3歳の住民税非課税世帯は、月額16,300円まで)

※預かり保育料については、「保育の必要性の認定」が必要

※満3歳の児童は、住民税非課税世帯のみ対象

幼稚園(就園奨励費の対象園)の利用者

  • 対象となる期間

満3歳の誕生日を迎えた、翌月から

  • 無償化の対象

〇保育料(月額25,700円まで)

〇預かり保育料(月額11,300円まで)(満3歳の住民税非課税世帯は、月額16,300円まで)

※預かり保育料については、「保育の必要性の認定」が必要

※満3歳の児童は、住民税非課税世帯のみ対象

保育園・認定こども園(保育園部)などの利用者

  • 対象となる期間

〇満3歳の誕生日を迎えた、翌年度の4月から

〇住民税非課税世帯の、0歳児から2歳児まで

  • 無償化の対象

〇保育料(※延長保育料は対象外)

一時預かり、認可外保育施設などの利用者

  • 対象となる期間

(1)満3歳の誕生日を迎えた、翌年度の4月から

(2)住民税非課税世帯の、0歳児から2歳児まで

※保育園などの利用者対象外

  • 無償化の対象

〇一時預かり、病児保育、ファミリー・サポート・センター(対象項目のみ)

〇認可外保育施設など

※預かり保育料を合わせ、(1)の場合、月額37,000円まで。(2)の場合、月額42,000円まで。

※「保育の必要性の認定」が必要

 

お問い合わせ

担当部署:福祉課子育て支援係

電話番号:0993-56-1111

FAX番号:0993-58-3710

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る