• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > まちの話題 > 磨崖仏造立の由来を知る (第1回清水磨崖仏ワークショップ)

更新日:2019年12月30日

  • よくある問合せ
  • 子育て
  • 観光
  • 移住定住
  • ふるさと納税

ここから本文です。

磨崖仏造立の由来を知る (第1回清水磨崖仏ワークショップ)

清水磨崖仏が鹿児島県指定文化財に指定されてから今年で60周年を迎えるのを記念して、6月1日に岩屋公園清流の杜で、第1回清水磨崖仏ワークショップが開催されました。九州大学の知足美加子准教授が「月輪三大梵字の秘密~空と水と英彦山修験道~」と題して、この場所にどのような目的で清水磨崖仏が造立されたのか、修験道の見地から分かりやすい説明がありました。

ワークショップの様子 話を熱心に聞く参加者たち。このワークショップは全部で3回を予定しています。次回の開催は10月12日。お問い合わせは文化財課まで。

お問い合わせ

担当部署:企画課広報統計係

電話番号:0993-83-2511

FAX番号:0993-83-4469

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る