• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > まちの話題 > 幾重もの歯車が支える演目 (豊玉姫神社の水車からくり)

更新日:2019年12月30日

  • よくある問合せ
  • 子育て
  • 観光
  • 移住定住
  • ふるさと納税

ここから本文です。

幾重もの歯車が支える演目 (豊玉姫神社の水車からくり)

7月9日、10日に知覧町の豊玉姫神社六月灯にて、薩摩の水車からくりが上演されました。今年の演目は日本の民話の一つ「花咲かじいさん」。舞台下を流れる川に設置された、ひとつの大きな水車を原動力として、いくつもの滑車が連動し人形たちを動かしていました。「枯れ木に花を咲かせましょう」と灰を撒き、桜が満開に咲くシーンは臨場感たっぷりで、多くの人が感嘆の声を漏らしていました。

披露される水車からくり 全国でも鹿児島にしかない貴重な文化財。犬の「ここ掘れワンワン」と喧しく鳴く声が今にも聞こえてきそうです。

お問い合わせ

担当部署:企画課広報統計係

電話番号:0993-83-2511

FAX番号:0993-83-4469

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る