• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 男女共同参画 > 募集・イベント > 市制施行10周年記念男女共同参画シンポジウムが開催されました

更新日:2018年2月6日

ここから本文です。

市制施行10周年記念男女共同参画シンポジウムが開催されました

男女共同参画シンポジウム開催されました

南九州市市制施行10周年記念男女共同参画シンポジウムが1月28日、南九州市知覧文化会館において開催され、市内外から約400人(10代~90代)の参加がありました。

オープニング

写真:総合司会の様子

 総合司会にはオフィスピュアの髙﨑恵さんを迎え、盛大にスタートしました。

 まずは川辺高校音楽部(顧問:下園俊郎先生)、川辺中学校吹奏楽部(顧問:堀切紗耶先生)の皆さんによるオープニング。

「世界に一つだけの花(SMAP)」、「明日はきっといい日になる(高橋優)」

「タッタ(ゆず)」、「ええじゃないか(ジャニーズWEST)」、「南九州市民歌」

 

 

写真:吹奏楽部演奏の様子その1写真:吹奏楽部演奏の様子その2

素晴らしい演奏とパフォーマンスに会場も大変盛り上がりました。

主催者挨拶

主催者挨拶として南九州市長 塗木 弘幸が挨拶を行いました。

写真:南九州市長挨拶の様子

古市憲寿さんによる基調講演

主催者挨拶後は、テレビでもおなじみの社会学者 古市憲寿さんの基調講演。

古市さんのお父様は同市川辺町出身。そういったご縁もあり今回快く講演をお引き受けくださいました。

写真:古市さん講演の様子その1

演題は「男女共同参画から考える地方の幸福」。

幸福度や現代社会の問題等を例に挙げ,「今の日本女性は頑張りすぎ」,「男性も女性もきちんとしすぎるのではなく,できる人ができることをやればいい」,「ほどほどが大事」との持論を展開。

「地方には東京などにはない魅力もあり,幸福もすでに地方にある」とも訴えました。

また,時には交遊のある芸能人の話題も交え,会場は終始温かい笑顔に包まれました。

写真:古市さん講演の様子その2写真:古市さん講演の様子その3

地元事例発表

講演後は,頴娃の特別養護老人ホーム涼松施設長岡村もも子さんが「そよ風事業」についての事例発表を行いました。

「そよ風事業」は,男女共同参画という視点からも,各々の特性を活かし,性別や年齢,障害の有無等に関係なく一人ひとりの違いを認め合い,多様な住民が支援の必要な人を見守り,支え合う社会の実現を目指す活動として,大変注目されています。

 会場からは「このような取り組みが他の地域にも広がってほしい」との声が多くありました。

 写真:岡村さん発表の様子その1 写真:岡村さん発表の様子その2

パネルディスカッション

今回のもう一つのメインイベントであるパネルディスカッション。

鹿児島大学副学長の武隈晃コーディネーターのもと,5人のパネラーがそれぞれの立場で現状や課題について活発な討論を繰り広げました。

  • テーマ『地域でできる男女共同参画のまちづくり』
  • コーディネーター 武隈 晃(国立大学法人鹿児島大学副学長,稲盛アカデミー長)
  • パネリスト
    • 古市 憲寿(社会学者)
    • たもつ ゆかり(オフィスピュア代表)
    • 日髙 照子(鹿児島県県民生活局男女共同参画室長)
    • 岡村 もも子(特別養護老人ホーム涼松施設長)
    • 本多 公明(南九州市副市長)

写真:パネルディスカッションの様子その1写真:パネルディスカッションの様子その2

写真:パネルディスカッションの様子その3写真:パネルディスカッションの様子その4

閉会

最後は、南九州市企画課長山脇勝次の挨拶により閉会しました。

この度のシンポジウムが大成功に終わりましたことに対し、ご来場いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、すべての方に対し感謝申し上げます。

写真:南九州市企画課長挨拶の様子

お問い合わせ

担当部署:まちづくり推進課共生・協働推進係

電話番号:0993-83-2511

FAX番号:0993-83-1718

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る