• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民年金 > 給付 > 遺族基礎年金

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

遺族基礎年金

遺族基礎年金は、被保険者または老齢基礎年金の受給資格を満たした方が死亡したときに、死亡当時生計維持関係にあった子のある配偶者、または子に支給されます。

  1. 国民年金の被保険者である間に死亡したとき
  2. 国民年金に被保険者であった、60歳以上65歳未満の方で、日本国内に住所を有していた方が死亡したとき
  3. 老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき
  4. 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしてる方が死亡したとき

保険料納付要件

被保険者または被保険者であった方(上記1.または2.)の場合は、死亡日が含まれる月の前々月までの被保険者期間に、国民年金の保険料納付済および免除期間、厚生年金保険の被保険者期間、共済組合の組合員期間の合計が3分の2以上あることが必要です。

なお死亡日が平成38年3月末日までのときは、死亡した方が65歳未満であれば、死亡日が含まれる月の前々月までの直近の1年間に保険料の未納がなければ良いこととなっています。

遺族基礎年金の額

子のある配偶者

779,300円

子の加算額

  • 2人目まで 各224,300円 3人目以降 各74,800円
  • 生計維持関係にあり、18歳到達の年度末までの子または20歳未満の障害等級1、2級の子がある場合
  • 例1:子1人の妻に支給される額(遺族が妻と子1人)
    779,300円+224,300円=1,003,600円
  • 例2:子2人に支給される額(遺族が子のみ)
    779,300円+224,300円=1,003,600円

 

お問い合わせ

担当部署:市民生活課市民係

電話番号:0993-56-1111

FAX番号:0993-56-1144

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る