• ホーム
  • 安心・安全
  • 暮らし
  • 子育て・健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 税金 > 個人市民税 > 令和2年度市県民税・国民健康保険税等の申告について

更新日:2020年1月31日

ここから本文です。

令和2年度市県民税・国民健康保険税等の申告について

申告受付日程について

令和2年度市県民税・国民健康保険税等の申告受付を令和2年2月6日(木曜日)から各申告会場で受付を行います。

申告日程及び会場につきましては,こちらのファイル★令和2年度申告日程.pdf(PDF:491KB)をご確認ください。

申告期間中の申告受付については,各会場のみ申告受付を行います。各庁舎では申告受付ができませんのでご注意ください。

申告会場に持参するもの

持参するもの
1.申告者全員のマイナンバーカード,もしくは通知番号カードおよび免許証等の身分証明書(写しでも可)
2.印鑑
3.事業・農業などを営んでいる方は,収支内訳書または収入と経費のわかる帳簿書類
4.畜産業(牛・豚)を営んでいる方は,販売証明書や必要経費の領収書
5.給与,年金などの収入のある方は,源泉徴収票や支払証明書など
6.社会保険料(健康保険など)の申告用の証明書,又は領収書など
7.生命保険・個人年金・地震保険等の申告用の証明書,又は領収書など
8.病院などに支払った平成31年分(令和元年分)の領収書,健康保険組合等が発行した医療費通知等
(セルフメディケーション税制を選択する場合は一定の取組を行ったことがわかる書類)
9.障害者の方は,障害者手帳など障害の程度のわかるもの
10.その他申告に関係する書類

営業や農業等の収入で,平成29年中の課税売上高が1千万円以上あった方,又は「消費税課税事業者選択届出書」を提出している方については消費税の申告も必要になりますので,税務署での申告をお願いします。


・医療費や必要経費などの領収書の合計額は,個人ごと支払先ごとに計算しておいてください。

医療費控除の明細書はこちら「医療費控除の明細書(エクセル:1,299KB)」国税庁HPより

医療費入力フォーム「入力用(エクセル:69KB)」国税庁HPより

令和2年度分からは医療費の明細書作成が必須となります。


・申告が必要か必要でないかは,こちらのファイル【市・県民税の申告が必要か,必要でないかについて(PDF:333KB)】を参考にして下さい。

【必読】確定申告される方へ
・還付を受ける場合には口座情報が必要になりますので,本人の通帳等を持参してください。
・所得税の確定申告は市の会場でもできます。(青色申告等は除く)
・自分で申告書を作成し直接税務署へ申告する方,申告を税理士等にお願いしている方,e-Taxで申告される方は市の申告会場へ来場の必要はありません。

税務署で確定申告をする方

日時:令和2年2月17日(月曜日)から令和2年3月16日(月曜日)まで午前9時00分~午後4時00分
場所:知覧税務署(南九州市役所知覧庁舎隣)

国税庁「令和元年分確定申告特集」トップページはこちら↓

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/index.htm(外部サイトへリンク)


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

担当部署:税務課市民税係

電話番号:0993-36-1111

FAX番号:0993-36-3136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る